お茶のマナー

せっかくのおもてなしをするなら 思わず「おいしい」が出る
お茶をいれてみませんか?



  • お茶を出す側のマナー
    親しい人ならば別ですが、お茶は別室にていれます。その時、茶たくに茶碗をのせたままいれますと、こぼれたお茶が茶碗の糸底を濡らすこともあり、お客様が茶碗を取り上げた時に茶たくも同時に持ち上がり、その後で落ちる場合があります。
    茶碗と茶たくは別々にお盆にのせて運び、お出しする時に茶たくにのせるのが良いでしょう。この時、布巾を手元に置いておくとどんな時にも重宝します。お菓子があればお菓子を先に、「どうぞ」の一言を添えて。

  • いただく側のマナー
    冷めないうちにいただくのが、いれて下さった方への心くばりといえます。いただく時は両手を使います。
    一方の手で茶碗を持ち、片方の手を添えると見た目もきれいです。ふたつきの茶碗なら、右手でふたをとり、直角に傾けて滴をきり、茶碗の右側に上を向けて置きます。飲み終わったら、元のようにふたをかぶせておきます。
LINEで送る